喫煙の事実と証拠

専門家は、タバコは世界でがんの唯一最大の回避原因であることに同意し[1]、[2]。喫煙は英国の癌死の四半期(28%)を超える原因となり、ほぼ1〜5個の癌症例の[3、4]。

喫煙は、がんを引き起こすことはありません。また、心臓や肺の問題[3]などの他の条件から、英国では毎年数十人が死亡、数千のを引き起こします。世界的には、タバコは、2004年の推定510万死亡の原因となった – それは1 6秒ごとに[5]です。

彼らは[6、7]を喫煙し続ける場合は、すべての定期的な喫煙者の約半数は、その習慣によって殺されます。そして、それらの半分は非喫煙者と比較して、生活の1〜二十年を失うこと、中年に死ぬことになる[1、3、7、8]。

リファレンス

1. IARC。人間のVOLUME 83、タバコの煙や不随意喫煙に対する発がんリスクの評価のためのモノグラフ。2004 ビューリソース(リンクは外部です)

2.スウェドレーAJ、ピートR、癌の人形R.疫学。の場合:医学のオックスフォード教科書。オックスフォード、イギリス:オックスフォード大学出版。2010:299から332まで。表示リソース(リンクは外部です)

3.ピートR、ロペスAD、Boreham J、トゥーンMJ。先進国1950年での喫煙による死亡- 。2005(またはそれ以降)を表示リソース(リンクは外部です)

4.パーキンDM、ボイドL、ウォーカーLC。16がんの2010年のイギリスジャーナルで英国のライフスタイルや環境要因に起因するがんの割合。。2011; 105(S2):S77-S81 ビューリソースが(リンクは外部にあります)

5. WHO。世界的な健康リスク:死亡率と選択の主要なリスクに起因する疾患の負担。2009 ビューリソース(リンクは外部です)

6.ドールR、ピートR、ウィートリーK、グレーR、喫煙に関連したサザーランドI.死亡:男性の英国の医師の40年間の観測。BMJ(臨床研究編)。。1994; 309(6959):901から11 PubMedの上に表示する要約(リンクは外部です)

7.ドールR、ピートR、Boreham J、喫煙に関連したサザーランドI.死亡:男性の英国の医師の50年の観測。BMJ(臨床研究編)。。2004; 328(7455):1519 PubMedの上に表示する要約(リンクは外部にあります)

8. JhaにP.回避可能なグローバルがん死亡と喫煙からの総死亡。自然のレビュー。がん。2009; 9(9):655から64 PubMedの上に表示する要約(リンクは外部です)